食卓文明論 チャブ台はどこへ消えた?

刊行年月2005年4月
著者名石毛直道
刊行者名中央公論社

食事風景に映し出された日本の家族の変遷を追い,霊長類の食生活,ニューギニアやアフリカの民族や中国,朝鮮半島の伝統的な食卓との比較を通して日本人の家族関係の歴史を人類学史的に位置づけた著書

 

自選著作集での説明

明治時代前半までの伝統的な銘々膳を使用しての食事からチャブ台を囲む食事を経て,第二次世界大戦後にはイス,テーブルの食卓が一般化する。このような食卓型式の変化はなぜ起こったのか,変化に伴う食べ物の種類や配膳法,作法の変化,その背景にある家族の人間関係のあり方の変化について論考した著作。