はじまりはトンガ 南太平洋フィールドノート

刊行年月1988年6月
著者名石毛直道
刊行者名(株)平凡社

1960年代前半,石毛のフィールドワーカーとしての仕事はトンガにはじまり,次いでニューギニアの中央高地の探検に従事した。その後,アフリカの現地調査,そして東南アジアと東アジアの調査に集中するようになった。本書は南太平洋のフィールドから離れた石毛にとっての紙上のセンチメンタル・ジャーニーとして編まれたもの。