論集 東アジアの食事文化

刊行年月1985年8月
著者名石毛直道
刊行者名(株)平凡社

国立民族学博物館における共同研究「東アジアの食事文化の比較研究」班の研究報告書。東アジアにおける食品加工技術,料理法,食器,食事作法,食事に関する観念などを比較研究し,日本の食事文化の系譜論的研究の基礎をかためる意図でなされた共同研究の成果をまとめたもの。食をめぐる文化は食事の場にもっとも強く反映されているという考えかたにもとづき,共同研究および本書のタイトルは「食事文化」ということばを採用した。食卓から食の文化をながめていことする立場をとるのである。(石毛氏まえがきより)

 

自選著作集での説明

国立民族学博物館における共同研究「東アジアの食事文化の比較研究」の研究報告書。東アジアにおける食品加工技術,料理法,食器,食事作法,食事に関する観念などを比較研究し,日本の食事文化の系譜論的研究基礎を固める意図でなされた研究成果をまとめたもの。