石毛直道が選ぶ食文化研究を牽引した日本の代表的著作

書籍名 刊行年 著者
日本食物史 1934年 桜井秀・足立勇
近世日本食物史 1935年 笹川臨風・足立勇
飲食事典 1958年 本山荻舟
すしの本 1966年 篠田統
栽培植物と農耕の起源 1966年 中尾佐助
米の文化史 1970年 篠田統
料理の起源 1972年 中尾佐助
中国食物史 1974年 篠田統
図説江戸時代食生活事典 1978年 日本風俗史学会 編
篠田統・川上行蔵 編集代表
中国食物史の研究 1978年 篠田統
食の文化シンポジウム'80 '81 '82 1980年〜1982年 石毛直道 編
週刊朝日百科 世界の食べもの 1~140号 1980年12月~
1983年8月
石毛直道・辻静雄・中尾佐助 監修
食の文化フォーラム・シリーズ 年1冊刊行 1983年〜 石毛直道ほか各巻担当編者 編
日本の食生活全集 全50巻 1984年〜1993年 「日本の食生活全集」各地域編集委員会 編
日本の食文化 昭和初期・全国食事習俗の記録 1990年 成城大学民俗学研究所 編
講座 食の文化 全7巻 1998年〜1999年 石毛直道 監修
世界の食文化シリーズ 全21巻 2003年〜2009年 石毛直道 監修